就任祝いのお返しはするべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【就任祝いのお返し】基本マナー

あなたが社長に就任して部下や知人、取引先の人など多くの方から社長就任祝いをもらったかと思います。 多くの人は社長になるのが初めてで、社長になっても就任祝いのお返しを渡すのか気になるところです。 マナーがない社長はすぐに辞任されてしまいでしょう。 社長になったからには一段とマナーを守って威厳ある人になりたいですよね。 初めてなる方や2度目3度目など多く社長に就任している方にも 安心して見ていただけるように、徹底的なリサーチをしてきました。 そしてマナーを守り、部下や知人、取引先の人に尊敬されるような 社長になりましょう。 ではお返しの基本である、 お返しが必要なのか返す場合はいつまでに返せばいいのか、 お返しの方法はどうすればいいのかなどを ご紹介します。

就任祝いのお返しは必要か?

基本的には社長就任祝いのお返しは必要ではありません。 お返しがいらないのだからお返しを特別に用意する必要はないのです。 ですがこれから会社のリーダーとなるあなたがお返しを返さなければ、 後でなにを言われるかわかりません。 祝っていただいたお礼として、日常で使えるものや会社でよく利用するものなどを送ってみってはいかがでしょうか。 例えば日常で使うものといえば、ハンカチやタオルです。 ハンカチやタオルを就任祝いのお礼として、 贈る方は多くいますのでちょうどいいかと思います。 会社で使うものといえば、ネクタイやシャツではないでしょうか。 ネクタイやシャツを送る人はいますが、 多くの方にもらった方は多くの人に送らなければいけないので、 ネクタイなどが被ってしまわないように注意しましょう。

就任祝いのお返しはいつまでにすべき?

ではお返しを送ろうと思った方が気になるのは社長就任祝いをもらってから、 いつ返せば良いのかと言うことではないでしょうか。 社長になり就任した直後は忙しさから贈るのが遅くなる人もいて、 お返しの準備をあらかじめ準備しておくのもいいと思います。 お返しは着任後遅くても2週間以内にはお返しを送ってください。 2週間を過ぎてしまうと、社長就任祝いを受け取った喜びや感謝の気持ちが 贈ってくれた相手の方に伝わりにくくなってしまいます。 早めに贈っていただくことによって、気持ちが十分に伝えることができ、 これからも良好な関係が続くでしょう。 着任後2週間以内なので社長就任祝いを頂いた時に、 なにを贈るのか考えて次の日には贈る物を予約しておくと、 もしも在庫がなかった場合や発送が遅くなってしまう場合にも 柔軟に対応できるのでオススメです。

就任祝いのお返しの方法は?

社長就任祝いのお返しの方法はなにがあるのでしょう。 基本的には2つの方法があります。 1つ目は手渡しで、2つ目がお返しを選んで発送すると言うものです。 社長となり忙しくなってくると思うので手渡しで多くの方にお返しを持っていくことは、 現実的ではありません。 手渡しで持っていけば車や電車などに乗る時間や、 手渡しした時にすぐに帰るわけにはいきませので少し話す時間など、 多くの時間がかかってしまい、2週間以内には渡すことができないでしょう。 ですので2つ目のお返しを選んで発送するというものがおすすめです。 お店から直接社長祝いをいただいた方のところまで、 発送すれば短時間で商品がつくことができます。 手間もかからないので忙しい社長着任後には適切かもしれません。

【就任祝いのお返し】「お礼状」でお返しするときのポイント

社長就任祝いのお返しをお礼状で渡そうと思っている方も多いかと思います。 お礼状を渡す際は注意して送らなければ、 マナー違反になってしまうこともあるのでよく読むようにしてください。 では社長として恥じない、お礼状でお返しするときのポイントをご紹介します。 お礼状を書く上で一番大切なこと、「感謝」を伝えるということです。 お礼を伝えるのはこれまで自分がお世話になってきたということなので、 謙虚に感謝の気持ちを伝えるのが大切になります。 社長になって傲慢になる人がいますが、謙虚な方が今までお世話になってきた方からも 尊敬されると思います。 お礼状を贈る相手なのでこれからのお付き合いのことや、 自分自身の社長としての抱負も書いておくと印象は上がるでしょう。 どうせお礼状を送るならカッコいい方がいいですよね。

お礼状を書くときに気を付けるポイント

お礼状を書くときに気をつけることは嫌味に聞こえないようにすることです。 ほとんどの人が羨まやましいと思う社長という実績。 少しのことで嫌味に感じ取られてしまうことも無理はありません。 また社長になれて気分が舞い上がっている印象を与えてしまうので、 謙虚な文章を書くように心がけましょう。 謙虚とネガティブな表現は紙一重なので「私なんかができるわけない」みたいな表現をしてしまうと、相手の方は嫌味に聞こえてしまうかもしれません。 また社長就任祝いで、受け取った文例に昇進などの表現があったと思いますが、 これを自分で使ってしまうのは適切ではありません。 昇進や栄転などの言葉は名前の後に「様」をつけるようなもので、 自分の名前に様をつけるようなものです。

お礼状の文例

お礼状の文例は難しいもので調べて書かないと恥をかいてしまうでしょう。 社長に着任してからほぼ初めて行う仕事でミスをしたくないですよね。 そうならないためにも文例の書き方をご紹介します。 お礼状の文例は始めに全文を書きます。 全文とは「頭語」「時候の挨拶、季節の挨拶」の2つを書かなければなりません。 頭語とは、お礼状で一番に書く言葉です。 相手がクライアントの可能性もありますので「謹啓」と書くようにしましょう。 時候の挨拶、季節の挨拶は縦書きの場合は月ごとに定まっている定型句を書きましょう。 お礼状として渡すものは縦書きだと思いますので、 それぞれの月の定型句を調べてかいてください。 次に書くのが主文です。 主文がお礼状で最も重要な箇所ですので、気をつけて書く必要があります。 いきなり本題に入ってしまうと読んでいる相手が違和感を覚えてしまうので、 必ず起後から始めましょう。 起後とは「つきましては」などの言葉です。 本題では敬語の使い方や嫌味を感じない文章かなどを気をつけ、 今までお世話になってきた感謝の気持ちが伝えられるのか確認してください。 次に待つ文を書くのですが時候の挨拶、季節の挨拶とセットの場合が多いですので、 セットで書くようにしてください。

【就任祝いのお返し】「お礼状+品物」をお返しするときのマナー

中にはお礼状と品物を2つ同時に返す方もいます。 その際の品物の値段はいくらにすれば良いのかやどのように包んで渡したらいいのかなど 多くの方が不安になることです。 間違った品物を送ってしまうとせっかく書いたお礼状の信頼性も、 無くなってしまう可能性がありますので注意してください。 良かれと思って贈ったものが実は贈ってはいけないものだったりすることがありますので この記事をよく読んでから贈るようにしましょう。 贈る金額などもあまりにも高すぎるものだと相手の方が戸惑ってしまうので、 贈る際の金額にも注意する必要があります。 お礼状は先ほど書いたことを守ってもらい、お渡ししていただければ問題ありませんが、 品物については詳しく書いていなかったと思うので 詳しくご紹介します。

就任祝いのお返しの金額の目安

一番始めに悩むのが贈る品物の金額だと思います。 贈る品物の金額によって相手の反応が変わってきますので慎重に選んでください。 贈る品物の金額は社長就任祝いで頂いた金額の5割程度で十分です。 先ほども書きましたが、あまり高価なものを選んで贈ってしまうと、 もらう相手も戸惑ってしまいますので5割程度で買えるものを送りましょう。 相手の方もお礼の品物が貰えるだけで嬉しいと思いますが、 あまりにも安価な物ですとこれから社長として勤めていくのに、 セコイと思われてしまうこともあります。 それに1割程度のお返しを贈ったとしてもマナー違反にはならないですので、 贈っている方も多いかと思いますが、せめて3割程度の金額のものにしましょう。

就任祝いのお返しの包み方

お返しの品物には、慶事用の熨斗紙をかけて贈ってください。 ただ普通に品物だけで贈ってしまうと、プレゼントとなってしまうので、 社長就任祝いのお返しだと気づかない可能性があります。 慶事用の熨斗紙とは喜ばしい事全般に用いられる贈り物につけるものです。 喜ばしいことに対するお礼なので熨斗を付けるようにしましょう。 また水引きは、紅白の蝶結びのものを選んでください。 紅白の蝶結びは慶事一般に用いられるもので、 蝶結びが意味するのは「何度あっても良いことを祝う」ということです。 社長就任祝いは何度あっても喜ばしいものですよね。 表書きは「御礼」としてください。 お礼の気持ちを込めてお返しの品物を贈ることなので、 御礼と贈るのがマナーとなっています。

就任祝いのお返しにおすすめの品物

品物を贈ろうとした方で何を贈ったらいいか迷いますよね。 自分ではいいと思ったのに受け取る側には不好評だった体験が、 お土産など買ってきた際にありませんでしたか。 そうならないためにおすすめの贈り物をご紹介します。

コーヒー、紅茶

コーヒーや紅茶をお返しとして贈ると会社全体に使えます。 従業員や来客にも出せますので、お返しをみんなで楽しんでもらえ、 就任祝いなどのお返しとして贈られる人気な品物です。

お菓子

取引先の企業にお返しを贈るならお菓子が人気です。 お菓子といっても1人や2人で食べるようなものじゃなく、 会社の従業員全員が食べられるような小包装の品物が人気になっています。 賞味期限が早いものですと食べられない人も出てくるので、 賞味期限が長いクッキーなどがおすすめです。

【就任祝いのお返し】選んではいけないもの

お返しとして品物を贈るのだからなんでもいい、という考えの人もいるかと思います。 贈り物にはそれぞれ意味があり贈って贈ってはいけないものがあるのです。 では贈ってはいけないものについてご紹介します。

現金

いただいたお礼に対して現金を贈るのはマナー違反です。 現金の場合、受け取る側は品物を選ぶのが億劫になったと感じてしまいます。

下着

下着は肌に直接つけるものになります。 肌に直接つけるものを贈ると自分よりも目下に見ているとされるため、 マナー違反となっているのです。

履物

履物とは靴や靴下のことを言い、靴や靴下は踏みつけるものです。 相手を目下に見ているとされるため、 マナー違反となります。

割れ物

陶器やガラスのコップなど割れやすいものは、 夢が割れるとされマナー違反となっています。

就任祝いパーティーがお返しになる?

社長就任祝いをした時のパーティーはお返しになるのでしょうか? パーティーを行おうとしている方は悩みますよね。 社長就任祝いのパーティーは出席者のみお祝いに対するお返しとなります。 パーティーに出席していない人には後から品物を贈ったり、お礼状を書いたりして下さい。 パーティーを行なった際には他にお返しは必要ないとされていますが、 多くの方は印象をよくするために帰り際に引き出物を手渡ししています。 印象をよくしたいと思っている方はぜひやってみると良いでしょう。 引き出物には慶事用の熨斗紙をつけて下さい。 また表書きには、「御挨拶」「記念品」としましょう。 取引先や知人などこれからも良好な関係を続けたい人には、 お礼状を後ほど贈るのもおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*